男性

安全性を高めるためにエレベーターの保守点検を行なおう

このエントリーをはてなブックマークに追加

プロが行う点検業務

作業員

安全性を守る点検

オフィスビルやマンションにあるエレベーターは、安全性の面から定期的に検査を行っていかなければいけません。これを保守点検と言い、特に年1回の法定点検は法律上で義務付けられています。そのため、その建物を管理する側が、保守点検を行う業者と契約を結ぶ必要があります。エレベーターで行われる保守点検には、エレベーターを吊り下げているローブの点検や機械への給油、その他機械の清掃や調整が挙げられます。これらを定期的に点検していかなければ、何らかの故障の原因にもなってしまいます。保守点検を行う人は機械の知識や技術を持ち合わせているため、細かいところまで異常がないかどうかを調べてくれるのです。法定点検以外の定期点検は、2〜3か月ごとに行われます。エレベーターは毎日24時間動く機械となるので、安全性の重視を怠ってはいけません。

点検の契約の種類

エレベーターの保守点検を業者と契約する場合、契約内容の種類を把握しておくことが大切です。保守契約には2種類あり、フルメンテナンス契約とPOG契約です。フルメンテナンス契約では一通りの検査を行う内容となり、その費用の中には修理や部品の交換代も含まれています。反対にPOG契約では最低限な保守点検を行っていくので、費用を安く抑えられます。しかし、修理や部品の交換が発生したときには、別途その分の費用を払わなければいけなくなります。それぞれにメリットやデメリットがあるため、どちらがいいのかを十分に考えてから選んでいくことが求められます。ただし、保守にかかる費用を抑えたい場合でも、基本が安全性にあることだけは忘れないように考えていくようにしましょう。

必要不可欠なことである

工事

東京には大きなマンションが沢山建っていますが、築年数が相当経過している場合には大規模修繕を必要とします。このような大規模修繕を行うにはかなりの技術力を必要としますが、東京にはそれを行うことのできる優秀な業者が沢山あります。

もっと読む

非常に重要な課題です

ヘルメット

工場を運営する際には、多くの排水が発生してしまいます。その排水をそのまま流出させてしまうと、環境汚染につながり需要なトラブルに発展するでしょう。そのトラブルを回避するためには、濁水処理システムを導入して排水を浄化する必要があります。

もっと読む

太陽光と農業の複合事業

ソーラーパネル

ソーラーパネルの発電力の不安定さと、農業の収入の不安定さは、それを営む上で頭の痛い問題です。しかし、このソーラーシェアリングでは互いのデメリットをメリットで補いあい、より生産性を高める効果が期待できます。新しい事業の形として、注目を集めていますよ。

もっと読む