太陽光と農業の複合事業|安全性を高めるためにエレベーターの保守点検を行なおう
男女

安全性を高めるためにエレベーターの保守点検を行なおう

このエントリーをはてなブックマークに追加

太陽光と農業の複合事業

ソーラーパネル

メガソーラーには弱点も

東日本大震災での原発事故以降、自然エネルギーの利用割合増加について、注目度が高まっています。発送電分離が行われたことも有り、太陽光パネルの大規模な設置事業が活性化したりといった事がありましたね。いわゆる、メガソーラー発電です。空き地や休眠中の農地などに、次々と太陽光パネル群が据え付けられて行ったという地域も少なくはないでしょう。幅広く認知され、導入もされてきたメガソーラーですが、実は問題点も指摘されています。まず、発電量が安定しないという点、そして、土地の有効利用という点も改善すべき問題とされています。この改善は容易ではありませんが、農業と組み合わせるソーラーシェアリングならば、その弱点を打ち消すことが出来ます。

2段構えで強固な経営

ソーラーシェアリングと聞くと、ソーラー発電システムを多くの人で共有するように聞こえるかもしれません。実際には、農地の上空に太陽光パネルを設置し、メリットを高めながらデメリットを打ち消し合うのが目的です。メガソーラーでは太陽光が衰えている間は利益が出ませんし、ソーラーパネル群の設置に限定した土地利用となります。その点、ソーラーシェアリングならば農業を併せて営むことが出来るので、農地を有効に運用しつつ、土地あたりの利益も向上します。また、ソーラーシェアリングは農作物に不必要なまでに強い太陽光を和らげる効果があり、農作物への恩恵も得られるとされています。作物が取れない間も太陽光による利益は見込めますし、より経済的に強固なハイブリッド事業として、関心が高まりつつあります。